オリンピックで不正行為を犯した代表選手10人の末路

スポンサーリンク
ビッグバナー
スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*´▽`*)

プロのスポーツ界だけでなく、不正を働くものは必ずいます。

いずれにせよ、アスリートなら、ドーピングしたり、ワイロを送ったりするような不正を働くものは、必ずバレるので、勝者にはなれません。(バレなければ勝者というわけじゃないです。)

今回ご紹介するのは、不正行為が発覚したオリンピックたちを調査しましたので報告します。

紹介する選手は

  1. ドラ・ラチエン
  2. オルトルン・エンデルライン
  3. ボリス・オニシェンコ
  4. マデリン・デ・ヘサセス
  5. ベン・ジョンソン
  6. ミシェル・スミス
  7. マリオン・ジョーンズ
  8. バドミントン女子ダブルス代表
  9. キャメロン・ファンデルバーグ
  10. リオ五輪のロシア選手団

次のページに続きます。

スポンサーリンク

SNSボタン

応援よろしくお願いします(*´▽`*)



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。